オンライン査定に申し込む

ポルシェの買取査定なら、輸入車買取専門店のソッキン王オートスピリット!

TEL:0120-301-645 受付時間:10:00~20:00

輸入車を高価買取!ソッキン王オートスピリット

お電話でのお問い合わせはこちら

 0120-301-645

受付時間:9:30~19:00

オンライン査定に申し込む

ポルシェの特徴

ドイツ名門のスポーツカーメーカーのポルシェ

ポルシェはドイツの自動車メーカーです。
古くからスポーツカーとレーシングカーを専門に開発・製造しており、その中でも「911」は、1963年より生産開始、改良を重ねながら現在も最新のモデルが製造・販売されています。
現在はフォルクスワーゲン社の完全子会社となっています。

エンブレム・デザイン

ポルシェの特徴的なエンブレムデザインは、本社がある、ドイツ国のシュトゥットガルト市とバーデンヴュルテンベルク州の紋章を組み合わせたものとされます。
ポルシェの車には、このエンブレムをボンネットやホイールのキャップにあしらっています。

車種ラインナップ(現行車のみ)

現在6車種をランナップしています。
・911
・718ボクスター
・718ケイマン
・カイエン
・マカン
・パナメーラ

911をはじめ、ポルシェ社は、創業からスポーツカーを専門としていましたが、新たな顧客層の獲得の為、2005年度に世界的なブームであった、SUV市場に、カイエンで参入しました。
ポルシェの作戦は成功し、初代カイエンは爆発的な人気を得ました。カイエンは、プレミアムSUVという新たなジャンルを確立しました。カイエンの成功から、次なる車種としてパナメーラを投入します。
パナメーラは、5ドアを持つ、ハッチバックのセダンであり、Sクラスや7シリーズと同格のラグジュアリーサルーンとなっています。
ハイブリッドにも参入しており、伝統と新しい取り組みを融合させたメーカーです。
もちろん、既存の911、ボクスター、ケイマンも不動の人気を誇り、現在のポルシェを支えています

査定フォームよりお申込みください。

まずは無料オンライン査定フォームであなたのベンツの下取り価格を確認してください。

お客様情報のご入力

■メーカー名

ポルシェ

■車種名

■グレード

■型式

■年式

■走行距離

■ミッション

■燃料

■修復歴

■お車の色

■装備

整備手帳 サンルーフ
本皮シート 左ハンドル

ポルシェの相場の特徴

ドイツが誇る、高級スポーツカーのポルシェ。
新車はもちろん高額車ばかりです。
そこで、ポルシェの中古車市場での評価や、人気はどのくらいなのでしょうか。
高級車としてのイメージが強く、実際に高額車ですが、中古車や買取の相場はどのようなものなのでしょうか。
中古市場はその人気で価格や流通量が決まります。
売却するときも高額での売却が期待できるのでしょうか。それとも、なかには低い相場のポルシェもあるのでしょうか。
オプションや車種について書いていきます。

ポルシェの存在感

プレミアム・スポーツカーブランドである、ポルシェの車種は、中古車でも高めの価格帯になっています。
本体価格が高いためですが、大きくは需要が存在することから輸入車の中でも相場が落ちずらいメーカーとなっております。
911をはじめ、現行モデルはリセールが高い車種が多くあります。これがポルシェのブランド力でしょうか。
メルセデスベンツやBMWとは少し違う存在感を放つポルシェ。
輸入車市場でも高級車の分類です。誰もがその名を認知しており、ブランド力は一流でしょう。
中古車でもその存在は別格であり、人気のモデルには、価格も高く設定されています。

ポルシェの人気

高い価格設定は、新車時の価格もさることながら、求められている車種が多いという、需要の大きさも影響しています。
人気があれば高くても売れてしまいます。中古車市場は人気に価格が左右されますので、単に高い金額で出していても売れません。
ところが、ポルシェの場合はそれなりの金額帯にも関わらず、相場が安定しており、過走行の個体でもない限り、安く出ている物件はそう多くありません。ポルシェの車種は、無理な価格設定をしなくても販売が成立しているのです。 それがまたブランドイメージの向上につながり、不動の人気を得るまでになっているのです。

専門店も多いポルシェ

ディーラー、専門店から大手中古車販売店まで、ポルシェを中古車で販売するお店はたくさんあります。
大手中古車販売会社では、ベースグレードや型落ちモデルが主なラインナップです。
現行モデルや稀少グレードなどは正規ディーラーでの認定中古車も販売されております。また、専門店でも売られています。
ポルシェの場合、買ってからもケアが必要な為、売りっぱなしのお店では正直不安な部分があります。
そのような観点から、ポルシェの中古車はポルシェ専門店や正規ディーラーでの販売店が多く見られます。
メンテナンス等のユーザーの困りごとに対応できるお店での取り扱いがメインということになります。
また、価格の高いグレードや稀少車などは、一般の中古車販売店よりもポルシェ専門店に集まりやすいです。
ポルシェの中古車市場では、専門店の数も多く、魅力的です。
やはり相場は高めになっていますが、ポルシェの性能や人気を加味した上でのプライスになっていると思われます。
また、オールドポルシェや稀少車に関しては、価格応談のお店も多く、相場がつかみにくい市場になります。
購入や買取を希望する場合は、一度電話で問い合わせをかけることが重要です。

高額査定に繋がる装備品等

・外装系装備品
年代ごとにより装備品が異なり、外装パーツだとこれが一番高いというのはなく、すべてをトータルで見たときに価格を設定します。
外装色が何色だから、アルミの形が、アルミの色が、カブリオレなのか、クーペなのか等複合的な条件のもと好まれやすい傾向や、個性が強いカスタム等多種多様あります。
例えばアルミをインチアップしている、20インチのカレラクラッシックホイールに変えている、RSスパイダーに変えているなど、更にはブラックペイントしている、カラークレストがついている。
他にも様々存在しますが外装については果てしなくなってしまうのですが、メーカー元がしっかりしているカスタムが高額査定に繋がりやすいと断言しておきます。

・内装系装備品
インテリアについては、オプション設定で変わりますが 、レザーシートの色、レザーの種類、スポーツシートの種類、ステアリング、スポーツクロノ、等があり大半がメーカーオプション品になります。
サーキット仕様などで社外のものでカスタムしてあり、ロールバーなどを組んでいる場合は、964型以前のポルシェに多く存在し、価格は相場ではなく完全に個体ごとの価格になります。
通常の相場での買取ではなく、個体ごとにいくらか、これらは再販売できるところが非常に強みを発揮します。 現行モデルの車両でもカスタムしている場合は高額になる可能性を大きく秘めています。
しかしながらカスタムにかける費用を考えると売却をするユーザーが極端に少ないため、それらはある意味プレミア車種と呼べる存在になるでしょう。

・走行支援システム
スポーツクロノ、グレード設定により標準の場合もあるが、大抵はオプション装備になります。専用ボタンでスポーツフプラスが追加されるスポーツエグゾーストはユーザー様の周辺の環境によりつけられるかつけられないかがきまり、マフラーからの排気音がレーシングマシーンのような音が出る。
代表的なもので、まず先に確認するオプションは上記2つであるがPDLS PASM PCCBなどついていると高額になる装備はまだまだあります。
特にカーボンコンポジットブレーキがあると、かなり価格は変わります。
オプションで100万円以上の金額になる為、装備する人が少ないためです。

プレミアム・SUVの本命「カイエン」「マカン」

現在、最も存在感を放つポルシェはマカン、カイエンでしょうか。
この車種は、ポルシェの中でもリセールバリューが高く、新車までとはいきませんが、買取相場もかなり高額になっています。
人気車種ならではの価格相場であると言えます。
特にマカンはカイエンよりも小柄なボディで、扱いやすくなり、新たな顧客層を生み出しており、中古でも需要が多くある車種です。
カイエンが作り出した世界的な「プレミアムSUV」ブームの中で、ポルシェはその中心の存在と言えるでしょう。
ベンツ、BMW、アウディと比較してもプレミアムな存在であり、唯一無二の存在でしょう。

プレミアム・クーペ「911」

また、クーペモデルである、911は特別な存在感があります。ボクスターやケイマンもコンセプトがしっかりと出ており、ライバルを寄せ付けず、独自の市場が出来上がっているように見えます。
911の場合は、先代997や空冷ポルシェと呼ばれる、オールドポルシェも存在感を放っており、現行モデルに迫る価格帯で出せされているあたり、さすがのポルシェと言わざるをえません。
当然、人気があれば価格が高くなることは避けられませんので、古いモデルから、新しいモデルまで、広くユーザーに受け入れられているということになるでしょう。

軽快なオープンモデル「ボクスター」

911に比べ、抑えられたエンジン出力から、ポルシェのエントリーモデルとしての位置づけではあるが、ミッドシップレイアウトにより、スポーツカーとしてのポテンシャルが高く、純粋な運転の楽しみを味わえるピュアスポーツカーともいえるモデル。
現在は718ボクスターとして、718ケイマンの上位車種となっている。初代モデルはある程度底値になり、程度の良い個体でも入手はしやすい価格帯となります。
左ハンドル車、MTモデルや限定車等は球数が少ないこともあり、人気があります。

ボクスターのクーペモデル「ケイマン」

ボクスターと同じく、ミッドシップレイアウトを採用したクーペモデル。
911とはエンジンレイアウト、出力が大きく異なっている。
ケイマンは、搭載オプションとグレードによって大きく金額が変わるモデルとなっています。
また、MT車も人気があり、程度次第では高値がついています。

ポルシェのグランドサルーン「パナメーラ」

パナメーラは、ポルシェ初の大型サルーンです。
5ドアを採用し、ハッチバック型を採用。荷室を確保し、新たな市場を切り開きました。
また、ハイブリッドモデルもあります。
金額が高いモデルの為、それなりの金額で売却は可能です。
しかしながら、顧客層がある程度限定されている為、専門店や大型店での買取が安心です。
サルーンの為、純正装備が充実していること、内装が比較的綺麗な状態を保っていることが高値の条件となります。
他のモデルと違い、状態によっては市場価値が著しく下がってしまうモデルとなります。

相場が下がっている車種

現在ポルシェの相場が下がっている車種は何か、下がりやすい傾向にある車種は何か、詳しく解説していきます。

相場が下がりやすい車種

ポルシェにはクーペモデル、SUVモデル、セダンクーペモデルがあり、様々な車種でも、新車価格は高くブランドとしての力が大きくあります。
相場が下がりやすいものは、やはり市場に出回る件数が多いベースモデルの車種となります。
また、装備品の有無により価格差が出やすい車ですので、グレードのしっかりしたものの中でも、装備品が少ないものだと相場に開きが出ます。
最近顕著に出てきているのが、ポルシェのマカンです。
市場に出てくる台数が増えたこともあり、グレード問わず全体的に下落の傾向にあります。
出始めた当初は緩やかに下がっていましたが、現在はGTSでもターボモデルでも下がり幅が月ごとに大きくなっています。

相場が下がってしまった車種

964型などの空冷モデルは、一時期の前から比べると一目瞭然と言えるほど下がりました。
相場が一時高騰したともいえるのですが、日本でのポルシェは保存状態が良く、メンテナンスもしっかりしている為、輸出での人気が高かったため現在では落ち着いてしまっている状態になります。
それでも20年以上前の車両が数百万円付くのはもはや当たり前の域にある、超人気車と言えます。
空冷に関しては、メンテナンス記録、走行距離、外装状態、カスタムの状況に応じて変わってきます。
メンテナンスに関しては、ポルシェ専門の整備工場であったり、一番ベストなのは、ディーラーでの点検整備の記録があると高額査定に繋がります。

まとめ

相場が下がるのは自然な事であり、年数と共に必ず下がるものであります。
プレミアがつく場合は下がったのちに、上がることはありますがまれな事なので、ほぼないのと同じです。
また、爆発的な人気が発売当初からあった場合には、状況は別と言えるでしょう。
ポルシェというブランドが人気があり知名度も高く、信頼のおける車である為、新車発売価格自体は高額です。
しかし、購入後から金額はさがってきますが、市場に出回らない限定数のある車両であったり、カスタムカーだったりするとまた、別次元の存在になります。

ポルシェの相場

ポルシェに関しては、中古車市場の中でもやや特殊であり、全体的には金額が残る車両が多いです。
特にカイエンや911は相場が下がりづらい車です。
逆にパナメーラは顧客層が限られる為、相場は下がりやすいです。
空冷モデルである、993型以前のモデルに関してはプレミア価格となる場合があるので相場を判断することが難しくなってきています。
オールドポルシェは専門店にて確実に売却することが良いです。お客さんがついていたり、ポルシェの売買に精通している為、適正な価格での交渉が期待できるでしょう。
新しいモデルに関しては、装着した純正オプションやパッケージオプションによって金額が大きく変わる車です。スポーツクロノパッケージは代表例ですね。売却するときは自分の車の装備を確認しておきましょう。
ポルシェは個体の状態が金額を左右しますので、必ず実車の査定をしてから売却をしましょう。

主要車種の買取相場と特長

ポルシェの相場

スポーツカー高級ブランドポルシェ。
現在では、6車種のラインナップを展開しています。
各車両に特徴があり、ユーザーの希望に応えています。
中古市場でもそれなりの価格となる為、比較的リセールの高いブランドになります。
もちろん人気のメーカーであること、高級ブランドのメーカーということから中古車価格も高くなっています。
大きく分けると、スポーツクーペ、ラグジュアリーSUVの2つのタイプに分かれます。
ここではポルシェ各車の相場を解説していきます。

ポルシェボクスター

ミッドシップレイアウトで構成されたオープンカーとなります。
エンジンレイアウトや軽量なポルシェにおいては、エントリークラスに相当するモデルとなります。
911の下位になるため、エンジン出力が抑えられており、エントリーモデルの位置づけですが、ミッドシップレイアウトと軽い車重から、走行性能は高く、911よりもピュアスポーツとしての性能を持っているクルマとされます。
PDK(Tip)とマニュアルシフトが用意されており、ポルシェの醍醐味を存分に味わうことのできるクルマです。
現行型は4代目のモデルとなります。
初期型(986型)に関しては、ある程度底値になってきた感じがしますが、低走行の個体や、保管状態の良いモデル、個性的なカラーや仕様のモデルは高値での買取がされています。
また、手が届きやすい価格帯にもなってきたため、販売でも人気のある車種となります。
左ハンドル仕様が右ハンドルよりも高い買取金額のようです。
今後も安定した相場になると思われます。
過走行のモデルの場合は、程度が綺麗なもの、整備記録がそろっているものには金額をつけられる場合があります。
2台目(987型)は、中古車として非常にうまみのあるモデルかと思います。
986と比較するとまだ高い価格ですが、足回り、剛性、内装や外装などすべてがアップデートされており、値段以上に満足できる車になっています。
オプション設定であったPSMが標準となり、PASMをオプションに設定。
後期型から、PDKを採用しました。
価格を見ると、Sが高い相場で推移しています。また前期型よりも後期モデルに人気が出ています。
スポーツクロノパッケージは価格のポイントです。
981型は 更に改良を重ね、軽量化が為されています。また、GTSをグレードに追加し、ラインナップが拡充します。
現行モデルは718ボクスターと呼ばれるモデルです。これまでとは逆転し、ケイマンの上位機種の位置づけとなりました。

ポルシェケイマン

ミッドシップレイアウトで構成された、911同様のクーペモデルとなります。
オープンモデルであるボクスターの、派生車種としてデビューしました。
エンジンレイアウトはボクスター同様、ミッドシップレイアウトを採用しています。
911の下位車種にあたるため、エンジン出力やその他各性能が、911(997)よりも抑えられており、エントリーモデルの位置づけですが、RR方式である911よりもスポーツ走行に適したレイアウト方式で、性能の高い車に仕上がっています。
前期型ではティプトロニックS、5速MT車を用意しました。
後期モデルでは、ATモデルが7速PDK、MTは6速マニュアル車にコンバートされ、アップグレードが為されています。
中古車価格ではやはり、前期型と後期型で金額が大きく変わっています。
後期型PDKが中心ラインナップとなっており、人気もあります。
マニュアル車は、数が少なく、稀少性があり、人気です。
また、外装のカラーと内装の仕様で金額が変わってきます。
比較的、ホワイト、ブラックが、内装はベージュ系のお色の個体が高値でやり取りされています。
また、イエローは人気のある色で、少し金額も高いケースがあります。
911よりも購入しやすく、運転もしやすい車なので、満足度も高く高評価の車になります。
現行モデルでは、718ケイマンと名を変えてのモデルチェンジとなりました。
718系においては、ボクスターがケイマンの上位車種に変更されています。
スポーツクロノパッケージ等のオプションがそろっていれば高価買取に繋がる可能性があります。
オプション無しと主要オプション装備車では50万円~100万円変わることもありますので、オプション装備車を狙いましょう。
逆に、オプション無しの車の場合、金額は安くなるので予算が厳しい場合は選択肢として有難い存在になる事でしょう。
PDKは、とても扱いが楽になりました。AT車とはいえ、十分に走ります。素早いギアチェンジも可能になっており、満足のいくドライブになるでしょう。

ポルシェ911

ポルシェのアイコン的存在、尚且つ、車としての性能も素晴らしいものを持っているクルマ・それが911です。
デビュー当時からリアエンジン・リアドライブの駆動方式を採用しており、現在の991型まで続いています。
ポルシェの技術や歴史が詰まった「911」は、993型までの、空冷モデルと呼ばれるタイプでしたが、後継モデル996型から、エンジンとデザインを大きく変更しました。
俗に涙目と呼ばれるヘッドライト形状はそれまでの911とは大きく変わるものになり、人気を得ることが出来ませんでした。
ポルシェはマイナーチェンジを敢行し、デザインの変更を行いました。
そして、997型へモデルチェンジを行っています。
997の後期型より、これまでのティプトロニックから、新開発のミッションである、PDKを採用。
以降ポルシェのAT車にはPDKを採用しています。
このことから、前期型と後期型では価格に差が出ています。
997に関してはやはり、後期モデルのPDKが人気です。
現行型911は991型にシフトしており、更なる性能向上を果たしています。
911は「ターボ」が高価なグレードとなり、「カレラ」がベースグレードとなっております。人気はオプション搭載のホワイト、内装がベージュ系のモデルが人気です。
991モデルは高値を維持しており、カレラでもまだまだ高い金額となります。もちろん、買取金額も高い水準となっていますので売る方にとっては追い風となっています。
993型以前の空冷ポルシェに関しては、相場がバラバラになっており、程度が良いモデルは991と同じくらいの値がつくこともあります。
逆に程度の悪いモデルでは年式相応の評価額となっています。
近代モノでは、スポーツクロノパッケージ、PASM、セラミックカーボンブレーキ等のオプション搭載車が値段付きやすいです。
カイエンやマカンの人気が出てきましたが、911はポルシェの中心ラインナップであることに変わりはありません。
オプション付きの車や、稀少なモデルは売却時に有利です。よく調べて、愛車を高く売却をしましょう。

プレミアムSUVのカイエン

スポーツカーブランド・ポルシェの新たな挑戦で誕生した、プレミアム・SUVのカイエンです。
現在ブームとなっている、高級SUVのジャンルですが、カイエンの成功が世界的なブームを巻き起こしました。
クーペスペシャリティーモデルのみだったポルシェ社が新たに挑んだモデルがSUVでした。
フォルクスワーゲンと共同開発したモデルが初代カイエンでした。この車はユーザーにヒット。ポルシェの売れ筋車種となりました。
この成功を受けて、現在までマセラティ、ランボルギーニ、ベントレーまで、各メーカーが高級志向のSUVを発売しています。
人気モデルのカイエンは、ベースグレード、カイエンS、GTS、ターボに分かれます。
人気のあるモデルですので、ベースグレードでも十分価値があるモデルになります。
初期型は相場がだいぶ落ち着いてきましたので、程度さえ見ることが出来ればお買い得物件も見つかるかと思われます。
カイエンもオプションの価値が大きく、搭載モデル比搭載モデルで価格が大きく変わっています。
ポルシェは、カイエンを「新しいスポーツカーのかたち」というコンセプトで売り出しています。スポーツクロノパッケージをはじめとする、おなじみのオプションも採用しています。
走行性能は、他モデルのポルシェと変わらなほど、スポーティです。
GTSや、ターボ等のグレード、もしくはベースグレードにおいても、オプションが装着されている個体に関してはある程度相場が変わりづらくなっております。
並行車に関しては、ディーラー車と比べて金額が低くなってしまいます。また、並行車の中でもアメリカ並行と欧州並行ではに相場が異なります。
欧州並行車の方が相場は高くなっています。逆に、アメリカ並行の場合は金額が安くなります。
日本では、正規品に価値が出ますので、出処がしっかりしていること、整備記録などがはっきりしていることが重要な条件となっています。

パナメーラ

スポーツカーブランド・ポルシェが、カイエンシリーズに続き新たなジャンルに挑戦し誕生した、グランド・ツーリングカーがパナメーラです。
ポルシェの性能はそのままに、 ハッチバックを設けておりますが、4ドアクーペの流麗なボディラインで構成しています。
積載性能と、大人4人が快適に移動できる性能を持っています。
スポーツ+ラグジュアリーを兼ねそろえたモデルになりました。
パナメーラには、スポーツカーの代名詞であるポルシェブランドのクルマなのに、4ドアセダンなんて、という意見があります。
様々な意見がありますが、クーペだけにとどまらず、新たな顧客層を獲得しようとして生み出された、素晴らしいモデルです。
中古車の市場はどうなっているのでしょうか。
市場人気の部分では、価格帯や使用用途などから顧客層が限られますので、他車種に軍配があがります。
また、車体価格が高額な車の為、買取金額を見てしまうと、どうしても安い、と感じてしまうかもしれません。
流通台数がそれほど多くはありませんので、オプション搭載車は金額が上がってきます。
HVモデルも用意されていますが、通常モデルの方が人気があるようです。
スポーツクロノパッケージ等、ポルシェではおなじみのオプションは装着しておくことが重要です。
グレードや装着オプションによって、リセールがかなり変わってきます。
中古車を買う場合は、オプション搭載車で検討するといいでしょう。
パナメーラのユーザーは、法人使用などで、フォーマルな使用環境が多いようで、カラーは、ブラック、ホワイトが人気です。
他のカラーは玉数が少ないため、専門店では重宝されています。
内装のカラーはブラック系よりも、ベージュ系が人気があります。
GTSは、購入価格が高くなりますが、買取相場は比較的安定しており、 売却の際は困らないと思われます。
S、ベースグレードに関しては、相場が落ちやすく、注意が必要ですが、オプションがある程度付いていればば価格が安定となります。
弊社でも強化していますので、各グレードとも お気軽にご相談頂ければと思います。

マカン

スポーツカーブランド・ポルシェが、カイエンシリーズに続き投入した、プレミアムSUVがマカンです。
アウディQ5と一部プラットフォームを共通しています。
ポルシェ社では、大成功を収めているカイエンよりも、小型のSUVを用意して、更なる顧客層拡大に向けて誕生しました。
特徴は、プレミアムSUVを謡っておりますが、 エントリー価格を抑えめにしている点、2リッターエンジンの為税制も有利です。
パワートレインは2L、4気筒ターボエンジンとなっており、 全車7速PDK仕様です。
マニュアル仕様は設定されません。
グレード体系は、ベース、S、ターボ、GTSの4つで構成されています。
お買い得なモデルとしては「S」でしょうか。
ある程度のオプションが標準設定となりますので、下取り時の価格が安定します。
新車購入の場合、マカンには、スポーツクロノパッケージが採用されておりますので、選択しておくとよいです。
スポーツクロノパッケージのある、なしで比較した場合 50万円~100万円かわることがあります。
また、オプションのアルミホイールも高査定が期待できるアイテムとなっています。
ベースグレードに関しては、相場が落ちやすく、注意が必要ですが、オプションがある程度付いていればば価格が安定となります。
リセールも検討しておく場合は最低限、Sを購入する、もしくはSに近いオプション装備が欲しいところです。
カラーはブラックが市場には多いですが、ホワイトが人気色で相場も落ちづらい傾向となっております。
ポルシェの最新モデルですので、まだまだ相場は高い部類になっておりますが、ベースグレードのモデルは少し下落の傾向がみられています。
新車購入時のユーザーが、車検のタイミングで売却し、 市場に車が増えてきたためかと思われます。
GTS、ターボに関しては玉数が少ないため、ある程度相場は高値安定で推移しております。
弊社でも買取強化していますので、 各グレードともお気軽にご相談頂ければと思います。

ポルシェ車種相場

欧州プレミアムカー・ブランドの1つである、ポルシェ。
各車種特徴があり、非常に優れた性能を持っています。
その中でも、カイエン、マカン、911が人気となっております。
全車種に共通していることは、オプション仕様によって、大きく値段が変わるということです。
例えば、例えばスポーツクロノパッケージは非装着の場合と装着している場合で50万円~100万円ほど変わってきています。
また、GTSやターボなどのトップグレードの場合は、大きく値下がりはしない傾向です。
今現在、右ハンドル、PDKに人気が出ているようです。
クーペモデルのマニュアル車は製造数が少ないため、稀少性があり金額が下がりづらくなっています。
内装は、ベージュ系に人気があり、綺麗な状態であればプラス査定も期待できます。
弊社では全モデルにおいて買取を強化しております。
お気軽にご相談を頂ければと思います。

オートスピリットがポルシェを高く買い取れる理由

オートスピリット ポルシェ高価買取のヒミツ

輸入車に特化した買取を行う、弊社ですが、ここ最近で1番力を入れている車種達があります。
それが、ドイツのスポーツカーの名門であるポルシェです。
ポルシェは創業からの歴史が長く、年代において様々な車種を発売しています。
なかにはプレミアの付いたモデルや、今でも人気があり高額で取引されているモデル、GTカーに近いロードカーから、プレミアムSUVまで多岐に渡っています。
ファンの方も多く、お力になれるようにと、弊社でも力を入れています。
金額も高く、仕様も多く用意されておりますので、1台ずつ異なる車が殆どです。
高く買い取る為には、専門店として、同じメーカーのみを扱い、お客様に選んでもらえるラインナップが必要になります。
弊社で高価買取を実現している仕組みを、少しご紹介します!

オートスピリットの強み

ポルシェに特化し、買取と販売を行っております、弊社オートスピリット。
弊社では、他の会社に負けないように、日々限界価格に挑戦しています。
買取専門店から販売でも地域一番を目指して、営業させて頂いております。今では全国から多くのお問い合わせを頂いており、多くのお客様から、ご満足を頂けるまでになってまいりました。
これからもどこよりも高く買えるお店を目指して参ります。
弊社では、オークション出品以外にも、独自の買付ネットワークや、販売ルートを複数持っております。
通常買取の場合ですと、店頭に在庫として置くか、業者参加のオートオークション向けに買取をする方法がメインになります。
ある程度金額は頑張れるのですが、オークションのデータは買取業者が同じデータを見ていますので、どうしても相場は決まってしまい、多くの会社さんでどんぐりの背比べとなってしまいます。
この状況を打開するためには、店頭に販売在庫として買取する方法があります。
オークションから仕入れをする場合、手数料や陸送代金などがかかり、利益が減ってしまうのです。
そこで、ユーザーから買取をして、そのまま店頭に並べるということができれば、手数料などの経費が抑えられて、ユーザーに還元でき、高価買取に繋がります。
しかし、自動車は日々相場が下がるものですので、売れなく、残ってしまう等の在庫のリスクを考えてしまうと、あまり高い金額では買うことが難しくなります。
金額が下がることも見越して買取をしなければなりません。

顧客販売の強み

オートスピリットでは、店頭販売と並行して、注文販売も行っております。
注文いただくことで、ユーザー様には希望の車をお届けすることが出来ますし、買取のユーザー様には買取金額を限界まで頑張ることが出来ます。
ここで両方のお客様にご満足を頂く事で、次のお客様に繋がっていきます。
具体的には、店舗ご来店の際に、良い車に乗り換えてもらう為、先にユーザーに希望などをお伺いしておき、バックオーダーという形にしています。
希望に沿ったお車が買取として入ってくれば、ご連絡を申し上げております。
ポルシェはバリエーションが非常に多いため、多くのお客様より、様々な条件の注文を頂いておりますので、必ずと言っていいほど、売却先がすぐ見つかります。
メリットは、売れる車の為すぐに販売が可能となり、お店側も在庫のリスクが少なくすみます。
買う方にとっても、売る方にとってもメリットの多い、オートスピリットの強みになります。
もちろん、顧客様のご注文がが少なければ成立しません。
個人のお客様はもちろん、中古車を扱う、メーカー系のディーラー様 パーツ屋さんや修理屋さんまで、幅広い取引先とお話をさせて頂いております。弊社では、この直接販売が出来る売却先を多く保有しており高価買取が続けられております。
この多様な販売ルートこそが、弊社の強みとなっております。
また、査定スタッフにもポルシェの特徴などを伝達しておりまして、査定ミスやグレードや装備品の判断ミスを少なくしております。
正確な情報が何よりの武器になるので、スタッフの指導を行っております。
その結果、適正価格+αで買取が可能となったのです。
営業スタッフの教育と、顧客様とのつながりで、高価買取が実現できているのです。

レンタカーとしての利用も

オートスピリットでは、レンタカー事業を展開しております。
その中で人気があるジャンルが、ポルシェレンタカーです。
台数がまだまだ足りておらず、良質な輸入車は買取をして、そのままレンタカーとして活用をしております。
選定条件が厳しくはなりますが、 稼働がかかればよいので、在庫リスク等はありません。
その為高価買取に繋がります。
このようなルートで高価買取を実現させておりますので、ポルシェの買取はお任せください

オートスピリット ポルシェ高価買取のヒミツ

輸入車に特化した買取を行う、弊社ですが、ここ最近で1番力を入れている車種達があります。
それが、ドイツのスポーツカーの名門であるポルシェです。
ポルシェは創業からの歴史が長く、年代において様々な車種を発売しています。なかにはプレミアの付いたモデルや、今でも人気があり高額で取引されているモデル、GTカーに近いロードカーから、プレミアムSUVまで多岐に渡っています。
ファンの方も多く、お力になれるようにと、弊社でも力を入れています。
金額も高く、仕様も多く用意されておりますので、1台ずつ異なる車が殆どです。
高く買い取る為には、専門店として、同じメーカーのみを扱い、お客様に選んでもらえるラインナップが必要になります。
弊社で高価買取を実現している仕組みを、少しご紹介します!

ポルシェを買取するための知識

買取するための知識はすなわち売却するための知識にもつながります。
まず第一前提として、乗っているクルマはカスタムをしているか、していないか。
カスタムをしている場合は、ポルシェディーラーでの再販売が難しいため、下取り価格は必然的に安くなる場合が多い。
市場台数が少ない、タルガや空冷ポルシェだった場合は話が変わってくる可能性も大いにあるが、基本的にはカスタム車だと一般中古車販売テインが高くなる。
しかし、中古車買取部門でもカスタムがいいと、カスタムなしがいいと分かれる。
弊社ではフルノーマルからフルカスタムまで、すべて対応できるので、装備品や状態をよくヒアリングさせて頂きます。

装備品の状態

新車オプションでの装備品は固定されていて、これがあるといい、これは無くてもいい等様々ではあるが、社外のもので、テックアートやハーマン、ヴァルド、得うるスポーツなどがあり、それらのエアロなどの状態二より価格が左右する。
またマフラーやアルミも大きく左右されるところであるが、そもそも装備品名を知らない業者も存在するため、それらにより買取価格が分かれるところでしょう。

ポルシェの相場の動向

比較的相場が安定しているポルシェでもベースグレードなどの標準的なものは市場に出る台数が多いため、相場としては比較的に下がりやすい傾向にあります。
ターボやGTS等の上位グレードに関しては市場に出回る台数がもともと少ないため、相場が下がりにくい傾向にあります。
カスタムをしている場合の影響は、ベースグレードだと顕著に表れ、エアロ、マフラー、アルミ、外装の塗装などにより、通常より100万円以上差が出る場合もあります。
しかしながら社外でのエアロとなる為、キズや、割れ、下回りのダメージなど全てをトータル的にみる為、よほど綺麗な状態でないと実現しない価格差が生まれます。
しかし、状態が悪いとしても、通常以上の価格差はありますので、査定するお店を限定し、効率的に査定を依頼しましょう。

ASの強みと買取の知識

弊社では買取専門の査定スタッフがおり、輸入車専門担当がおります。
その為、ポルシェの査定に関する知識や、相場状況も把握している為、商談もスムーズに進ませることが出来ます。
買取した後のポルシェは自社での在庫はもちろん、自社でのレンタカーもあり業販する提携業者も数十社ほど抱えております。
首都圏近郊で乗られているユーザーが多い、ブランド力の高いポルシェではありますが、買取や下取りの量が多くはないため、競合した場合には金額も相場以上になる場合もあります。
しかし、装備品を見間違い、別の業者が高くいってしまう場合は、通常以上の相場となってしまう為、話がうまく進みません。
その為、装備品の伝達や実車査定はどうしても必須となってしまいます。
電話での査定を希望する方もおりますが、弊社では必ず、一時間で構いませんのでお時間を取って頂き、査定をさせて頂いております。
必ずその場での金額提示を行い、お話をさせて頂きます。

まとめ

ポルシェは通常の車よりブランドがあり、歴史が長い車です。
稀少車に関しては相場等は存在しない為、そのクルマ個体の価格設定になっています。
装備品一つ、シフト一つ、状態一つで価格が変動する車種ですので、必ず実車査定をお願いします。
専門のスタッフ、知識量の多い担当がおりますので、いつでもご用命ください。

ケース毎のポルシェを高く売る方法

皆様がクルマを売却するときは、どんな時でしょうか。
乗り換える為に売る、使ってないので売る等。
クルマを売る時には様々な理由があると思います。
その中でも乗り換えのタイミングで、これまで乗ったポルシェを売る、というのが多いのではないでしょうか。
新車のディーラーに下取りしてもらうか、買取専門店に買取してもらうかといくつかの方法があります。
ポルシェは状態や装備、カラー、装着オプションなどに応じて金額がかなり変わる車です。
状況に応じた売却の仕方が出来れば、損することなくポルシェをお手放し出来るのです。
ここでは、手放す状況に応じて、愛車を高く売る方法を考えていきましょう。

新車への乗り換えで車を売却する

次の車を新車で購入した場合、売却先としては2つになります。

・新車ディーラーに売却
・買取専門店に売却

乗換の時は、新車のディーラーで下取りしてもらう場合も多いかと思います。
ディーラーも、下取りを商談のきっかけにすることが多いです。
ディーラーで売却が出来れば、売り先と買い先も一緒の為、 納車に合わせて車を渡すことが出来たり、相談できるのでいろいろとラクです。
しかし、サービスの一環なので、金額が高いか、と聞かれたらそうではないこともあります。
新車の値引き、下取りの金額が別々で、それなりにお得な金額が提示されていれば、一番良い売却の方法かと思います。
新車の値引きとうまく話を絡めることが出来ると尚良い結果が出せることでしょう。
ただし、購入するメーカーと、今お乗りの車が異なる場合は思ったように下取りがつかない場合もあります。
他輸入車ディーラーでポルシェの値段がつかないことも、 国産車ディーラーでポルシェに値段がつかないこともあります。
答えは簡単で、ポルシェ買取の専門ではないので、オプションなどを含めて適切な価格帯が分からないことが殆どです。
下取りはこの点も注意していただく必要があります。

次に、買取専門店で売却をして、新車を購入するケースです。
多少の期間、クルマが無くても問題ないという方や、ディーラーから代車が出るなどで、手放しに大きな制約がない方はこちらの方法も検討下さい。
なぜなら。。。もちろん、金額が高くなるから、です。

なぜ金額がドーンと高くなるのでしょうか。
買取店は、新車のディーラーとは違い、買取を主な仕事として取り組んでおります。
相場や市場にも精通している為、買取金額が高いことが殆どです。
もちろん競合店も多く存在しておりますので、負けるわけにもいきません。とはいっても、損は出せません。
その為、常日頃より価格調査がおこなわれていて、ギリギリのラインで買取されています。人気車なんかは欲しい会社も多いため、買取額が高くなったりしています。
しかし、売却先と購入先で別々になりますので、2つのお店とやり取りが必要です。
納車時期のタイミングも把握しておかなければ、車のない期間が発生したり、置く場所に困ってしまうこともあります。

以上のように、多少手間は発生しますが、単純に下取りに出してしまうよりは高く売却は出来る可能性があります。
是非、お時間を作って買取店にも足を運んで見ることをおすすめします。動いた分だけ成果が出ます。
買取店の強みは、買取価格が高いこと、ポルシェに関しての知識が豊富で、どんなポルシェも対応可能ということです。
売るならポルシェの専門店を利用した方が良いでしょう。

中古車の乗り換え時に、車を売却する

次の車を中古車で購入した場合、売却先としては、
・販売店にて下取り売却する
・買取専門店に売却
・知人に譲渡する

・中古車販売店で下取り
乗換の時は、購入先で下取りとして買取してもらう場合が多いと思います。
新車の商談では一般的ですが、中古車の購入も増えている現在、中古車の購入時も下取りを利用するお客様が増えています。
中古車の場合、値引きは基本的にありません。
その為か、下取りとして、今まで乗っていた車の買取金額を頑張ってもらえる可能性はあります。
値引きしてもらうよりは、買取の方を相談してみる方が良いです。
中古車販売店は、中古車を取り扱う関係上、買取に関しては経験が豊富です。
また、中古車のリスクなども理解しているので、お客様にも的確なアドバイスが出来ます。
なかには、下取りを在庫にして、それを販売してというお店も存在します。>中古車販売店を探すときは、自分の車と同じような車種をあつかっているところに売却する方法がおススメです。

・買取専門店
それとは別に、買取の専門店も存在しており、買取に特化して営業します。
買取車をオークションなどで業者向けに販売して利益を得る方式です。
在庫を持ったり、店舗が必要なわけでは無いですから、買取にすべて予算を割くことが可能です。
輸出等も手掛けているところもあり、金額は折り紙付きでしょう。
買取専門の店は、出張査定で車を見に来てくれるところもあります。
都合の良い日にちに、指定場所に来てもらえるので効率的です。
金額もその場で出してくれることが殆どですので、売却時期も決めておくとスムーズに進みます。
買取のみの為、相場などに精通していて 輸入車、国産車問わず、対応できるところも多いです。
一度聞いておくことをおすすめします。

個人売買や知人に譲る
個人売買は、気軽に出来て、金額も相談で決まられるため、便利です。
しかし、売買に必要な契約書が基本ありません。用意することは出来ますが、知識が伴わなければ難しいでしょう。
譲渡に必要な書類のやり取りや、金銭のやり取りも発生しますので、トラブルなどが起きやすいです。
信頼のおける方と行い、慎重に、双方納得できる状況で話をするようにしましょう。
少しでも揉めそうな場合は取りやめることも視野にいれましょう。
そのときは買取業者に依頼する方が賢明です。
個人売買は、高く売却できる方法ですが、リスクも多くあるので、 そのあたりも割り切れるようであれば活用しても良い方法です。

ポルシェを手放すことに決めたら、どうすれば良いのか。

何らかの理由で、乗っているポルシェを手放す時が来た時、 どのように売却を進めるか。
今は特に予定もない場合でも、突然そのタイミングが来た時に悩まないように知っておくことも重要です。
確実に高く売却できれば、安心して売却も出来ます。

まずは、いつ手放すことが出来るのかを、決めておくと今後の流れがスムーズです。また、店側も時期を把握できれば金額を明確に案内しやすくなります。
仕入れの際は、販売先に入庫時期を伝えて、商談しています。手元にいつ来るかも分からないものを買うことも出来ませんし、案内も出来ないのです。
買取店がお手放しの時期をうかがうことは、高く買取をするために非常に重要な情報なのです。
売却を決めたら、まずはじめにやるべきことは、 ポルシェがいつ手元を離れても大丈夫なのかを決めることです。

次に、自分のポルシェを改めてチェックしましょう。
・車種、グレード、年式
・装備されているオプション
・整備記録簿の確認、キズや状態の把握
この辺をお客様自信で確認していただくことで、査定の際に正確な情報を伝えることが出来ます。
というのも、ポルシェは状態、装備品でかなり金額が変わります。万が一、査定士の方が見落としてしまうと、適正価格での売却が難しくなります。
ユーザー側で把握が出来ていれば、査定時に査定士の方にお伝えできます。整備記録簿も重要で、ない場合は金額がダウンします。
また、整備記録簿があれば状態が良い個体か、悪い個体かもすぐにわかりますので、あらかじめ揃えて置けば安心です。

売却可能な時期、ポルシェの把握が終わったら、売却先を探していきましょう。
インターネット一括査定も便利ですが、連絡が絶えなく来てしまいますので注意が必要です。
カーセンサーなどでポルシェをラインナップしている専門店や、 町中でポルシェを在庫しているお店に聞いてみることも重要です。
その際、口コミもチェックしてみると判断に役に立ちます。口コミ投稿を行っている会社は対応がキチンとしていることが多いので、指標にしてみてください。
お客様が厳選した会社を、3社程検討すれば、高く売却できるかと思います。
店舗も車種やグレードによって金額が変わります。
ポルシェはそろえているが、自分の乗っているグレード、車種のラインナップが無い場合は探しているケースもあり、期待できます。そのあたりもチェックしてみると高く売ることが出来ます。

重要なことは
時期、マイカーの把握、有力な店舗を見つけること
です。
時間の許す限りでご検討を重ねてみることをおすすめします!

ポルシェを売却するタイミングは多くあります。
乗換をしたり、使わなくなったり。。
タイミングは様々です。下取りで売却するか、買取店で売却するのか、状況に応じて使い分けることが重要です。
ポルシェディーラーでは、モデルによっては買取が高いケースもあります。
状態が良いものや、レアモデルで尚且つノーマル状態のモデル、 記録簿がきちんと残されている個体は高額査定が期待できます。
重要なことは、時期を決めて、店側が金額を出しやすくしておくこと 他社比較しておくこと、新車の乗換時は値引きと下取りで明確にしてもらえるかを確認する事。
自分のモデルを熟知して、買取金額を正確に出してもらうことです。
時間をかければ、高額買取は成功します。
情報を揃え、店側と交渉すれば、必ず買取してもらえるでしょう。

ポルシェでよくある質問

年式が古い場合に金額はつくのか

自動車は消耗品ですので、新型が出たり、年式が経過すれば価値は下がります。
ポルシェも例外ではありませんが、ポルシェブランドに価値があり、モデルごとに市場価値が存在します。
初期のカイエンのベースグレード、ボクスターの初代モデル、996のカレラ初期型などはある程度相場が落ちてきています。
ただし、年式が古くとも、状態、オプションなどの仕様で買取の評価額が変わります。
またポルシェは古ければ古いほど専門店向きになるでしょう。911で言えば、特に993以前の空冷モデルや、928など現在のラインナップにはないモデルも価値があります。
996型も入門向けの911ということで注目されているモデル。コンディションが良ければ買取評価額も上がっています。一度査定をおすすめします。

過走行の場合に金額はつくのか

走ってなんぼの自動車は、消耗品です。当然走行距離が嵩めば、価値もダウンします。ポルシェは価格が高く、人気もあり相場が下がりづらい車が多いです。下がるとしたら距離などの物理的な項目しかありません。
市場に出ないモデルや、ターボなどは距離が走っていてもメンテナンス記録や、整備記録簿があることで価値がそこまでダウンしません。
状態が分かれば、故障のタイミングや予想もしやすく、リスクが軽くなる為、高い金額での買取も出来るのです。
市場に出る台数が少ないからこそ、状態が良いモデルは歓迎されます。
過走行の場合でも買取されますが、飛び石などの状況、今までの整備記録簿が残っていれば、安くなりすぎることなく売却出来ます。
整備時は工場での記録簿を発行して貰い、取っておくことがポイントです。

事故車の場合に金額はつくのか

事故車でも買取金額をつけて買取可能です。
ポルシェの場合は金額が高い車のため、事故現状車としても価値が高いです。
特にクラシックポルシェに関しては空冷モデルの高騰の影響もあり、 事故現状車としても、高い相場での取引がされています。
事故車には2種類あり、そのままの状態の事故現状車、修理済の修理歴事故歴ありとされる車に分かれます。
事故現状車はエンジンの損傷、ミッション不具合、外装が壊れた状態等、様々です。
需要としては、業者が一般的です。
状態も分からないことが多いので、一般のユーザーは手に入れるメリットはありません。
事故車に関しては車種、不具合個所により金額が変動しますので、査定を依頼することが好ましいです。

ポルシェの改造車の買取

カスタムされたポルシェは、オーナーのこだわりが表現されており、オリジナルにはない魅力があります。
コンピューターや足回りなど見えない部分のカスタムから アルミホイール、可変マフラー、エアロをインストール等、外装系のカスタムがあります。
人気なものはGT3ルック等のパフォーマンスモデルに近づけるカスタムが人気です。
また、ゲンバラやRUFなどのチューニングメーカーのコンプリートカーも人気です。
1点気を付けたいのが、買取店の中にはオリジナルの車を求めるところがあります。
改造車に関しては、万人に人気のある仕様でないことがありますので、店によっては扱わないケースもあります。
売却する前に、改造車の買取が可能であるかどうかお店に確認しましょう。在庫のラインナップも参考にして下さい。

よくあるご質問

Q:どの車種のポルシェも買取可能ですか?
A:可能です。
最新の911から、GT3RS、959、930、ナローポルシェもお任せください。お客様からのオーダーを活かして高価買取致しますのでお任せください。

Q:何年も動かしておらず、不動ですが引き取ってもらえますか?
A:可能です。
車は動かさなければ動かなくなってしまいます。定期的なエンジンの始動は行って頂くとよろしいかと思います。
不動車の場合でも、弊社スタッフが現地で移動、レッカー積み込み、引取りまで対応致します。
まずは査定をご依頼ください。

Q:ローンが残っていますが、売却出来ますか?
A:可能です。
ローンの残額により弊社で組み換えプランもご用意しております。ご相談ください。

Q:空冷ポルシェは価値が上がりますか?
A:昨今の空冷ブームも落ち着きを取り戻してきており、ある程度相場が形成されています。ただし、状態の良い個体はすでに売却をされていたり、海外へ渡ってしまった可能性もあり、今後更に貴重なモデルとなり得ますので、大事に乗られていれば高く買取できるかもしれません!!

Q:並行車に乗っています。買い取って頂けますか?
A:並行車でも買い取ります。
出来ればお車の素性が分かるもの(当時の注文書等)、これまでの整備記録なども一緒にお見せいただければ、より頑張ることが出来ます。

Q:走行距離が10万km以上になりますが、査定対象になりますか。
A:問題ございません。
金額頑張ります!
ただし、程度、車種により評価額が大きく異なります。
実際に車をチェックして買取金額を出しますのですぐお電話をお願いします。
整備記録やオプションの詳細も分かると、より金額頑張れます。

今すぐ欲しい強化買取査定中のポルシェ

私ども、オートスピリットは輸入車専門店としての買取販売店になります。
ディーラー認定中古車にも負けないクオリティの中古車を仕入れしておりますので、最新モデルもお任せください。
また、全国のポルシェ専門店、一部ディーラー系列店とも連携しており、買取専門店ならではの直販ネットワークを駆使して、圧倒的な販売網を構築しておりますので、バックオーダーのご注文が常に控えております。そのため、他店と比べてポルシェをお求めになるお客様が見つかり易く、各車両の高額買取が可能となりました。
お客様のお乗りになったポルシェを高く買取させて頂きます。

強化買取ポルシェ車両一覧

現在このポルシェ探しています。
高価買取中!

2017年8月1日、レンタカー事業部からのオーダーにより、マカン、カイエン【現行モデル】の強化買取を行っております。マカン、カイエンの売却をお考えのお客様は是非お問い合わせください。ポルシェについては911はじめ、その他の車種も買取頑張れます。ご相談ください!全国可能です。

オートスピリット(横浜ショールーム店)の強み

オートスピリット横浜ショールーム店は、輸入車買取、輸入車販売共に力を入れております。
ユーザー様から買取をさせて頂いた中から、良質なお車をお求めやすい価格で販売しています。
しかしながら、厳選し、車歴のしっかりとした車両を中心にそろえておりますので、価格はもちろん、品質にも自信があります。
上記の店内写真は、オートスピリット横浜ショールーム店(本店)です。クリックしてご覧下さい。
また他にも、青葉店(青葉区市ケ尾町)、八潮店(埼玉県八潮市)がございます。
買取価格については全店で共有できますので、まずはお近くの店舗にご相談ください!

各店舗へのアクセスマップ

査定可能エリア、強化車種など

オートスピリットでは、マカン、カイエンターボ、911を買取強化中です。すぐに売れてしまい、在庫が足りません。
上記車種はもちろん、上記以外の車種についても高価買取致します。
また、良質な車両を集める為に、日本全国から買取を行っております。(離島を除きます)
また、近県であれば出張査定も受付させて頂いております。また、各地方に提携している買取専門店もありますので、お客様に合った方法で、高額査定に繋がる最適な方法をご提案をさせて頂いております。お車の売却時はお気軽にご相談ください。

東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・群馬県・栃木県・茨城県

ポルシェ買取情報

少しでも高く売るためには?

予め、【引き渡し日】を決めておくと、営業マンとスムーズに交渉が進みます。引き渡しの出来る日を予め決めておきましょう。直ぐ売却出来るので、即決限定トクベツ価格が期待できます。
どのお店でも、買取時はご名義人様の「印鑑証明」が必要ですので、1か月以内に取得した「印鑑証明」をご準備下さい。

高額査定のポイント

予め洗車をしておき、外装はもちろん、車内の清掃もし、車を綺麗に見せることで査定時の印象が変わり、高額査定に繋がることもあります。また、日頃のお手入れが行き届いた車両は高額査定に繋がる可能性が高くなります。記録簿や、整備記録などがあれば、提示するとよいでしょう。また、オプションの一覧表などがあると評価しやすくなります。

強化車種などについて

最新モデルのマカン、カイエンはやはり査定額が高い車種です。ターボ、スポーツクロノ搭載車は、高査定に繋がります。
空冷ポルシェ(993型以前の911)・・・程度の良いモデルは需要が高いので、高額査定になります。現在911各モデルも買取強化中です。

ユーザーレビュー投稿

ダイさん

満足度5.0

ポルシェ
ケイマン

ポルシェ ケイマン 平成26年 ケイマンS 70,000km以下 ブルー ナビ 神奈川県 横浜市 神奈川区 輸入車買取 電話段階ではオートスピリットさんの概算...

投稿日:2017-03-21 14:44:51

テルアキさん

満足度5.0

ポルシェ
カイエン

ポルシェ カイエン 平成24年 カイエンS 50,000km以下 ホワイト ナビ サンルーフ シートヒーター 埼玉県 八潮市 輸入車買取 友人から紹介されて今...

投稿日:2017-03-21 14:38:38

986さん

満足度5.0

ポルシェ
ボクスター

ポルシェ ボクスター 平成14年 ボクスター 84,000km以下 ホワイト BOSEサウンドシステム 東京都 世田谷区 輸入車買取 電話対応から契約時の説明...

投稿日:2017-03-21 14:34:57

U・Hさん

満足度5.0

ポルシェ
911

ポルシェ  911 平成14年 カレラ4S 50000km以下 アークティックシルバー  サンルーフ 革シート   神奈川県 横浜市 青葉区 輸入車買取  ...

投稿日:2017-03-21 11:36:14

Giftさん

満足度5.0

ポルシェ
911

ポルシェ 911 平成18年 カレラS スポーツクロノパッケージ 42,000km以下 ホワイト ナビ ETC バックカメラ 19インチアルミホイール 神奈川...

投稿日:2017-03-20 13:55:41

全てのユーザーレビューを見る

投稿する

投稿

ニックネーム*
メーカー名* ポルシェ
車種名*
グレード名
担当者
満足度*
投稿内容*

※反映までには時間が掛かります。
※不適切な投稿は反映され兼ねます。
*は必須項目となります。

閉じる

Tweet

▲このページトップへ